自分らしさを丸ごとアートにつめこんで

 

プロのアーティストが障がいのある人へ 絵画制作の支援

     


 

《絵画制作を生涯教育とライフワークに》

 

アトリエライプハウス」はアート制作を軸とした生涯教育とライフワークの確立を目指している施設です。

 

「障がいのある人の特性を上手に生かして芸術家を育てよう」と現代アーティストの大澤辰男が2015年に立ち上げました。 

 


 

 《制作を続けて独自のスタイルを確立》

 

現在は、20代~60代までの知的障がい、自閉症、肢体不自由、精神障がい、指定難病のある人たちが制作に励んでいて、中には国外で展示活動をするメンバーも…。

 

 

アートというと、特別な人だけが挑戦できる分野に思う方もいるかもしれませんが、誰もが初めからうまく描けるわけではありません。制作を続けていくことで独自のスタイルが出来上がっていきます。

 

少しでも絵を描いてみたいと思う方は、お気軽に見学しに来てくださいね!


 《国内外で活躍するアーティストへと成長》

 

制作した作品は、定期的に開催される展覧会で展示します。

 

通所されている方の中には、関西圏以外にも海外や東京で展示するアーティストとして活躍している人も多数在籍しています。そういった成功体験を積んで、自信をつけられる環境が整っているところがライプハウスの魅力の一つです。

 

このように絵画制作を通じてこれまで出会うことのなかった人たちと交流し、障がいのある人が社会で活躍できる場をつくることを今後も目指していきます。




■■絵を描きたい人、新しいことにチャレンジしたい人、あつまれ■■

 

ライプハウスで絵を描きたい人を募集しています。

  

「一度体験してみたい」、「話を聞きたい」という方は、お気軽にお電話ください!! 

 

 


アトリエでは・・・

スタッフ紹介

展覧会&イベント


作家&作品

LINK


障がいのある方が人生を楽しめる場所を作りたい!

その思いがライプハウスの柱になっています。

 

*ライプ ripe とは、実る・熟成という意味です。